お問い合わせは 0289-71-1335
メールでのお問い合わせ

新着情報

2020.04.01

2020年度カレンダー・5月連休予定について

慌ただしい2020年度が本日よりスタートいたしました。
課題多い年となりそうですが、社員一同頑張って参ります。

・2020年度の大正光学カレンダーを配布申し上げます
都度、変更等生じる際は、HPなどにご案内申し上げます
(下記をクリック頂いて、PDFダウンロードリンクから保存頂けます)
2020年度大正光学カレンダー

・5月連休予定について
連休予定日「5月1日~5月6日まで」となります。
支給品や納品の際は、余裕を持ってお送り頂ければ幸いです

本年もよろしくお願い申し上げます。

2020.03.31

新型コロナウイルス影響について(3月末)

各社様から、新型コロナウイルスの影響についてお問い合わせを頂いております。

・大正光学は、生産等に影響はでておりません
・資材や副資材系も、問題無く調達できております
・協力会社においても、一部中国入手品で納期遅れ御座いましたが入荷しております

この先の状況につきましては、都度ご報告申し上げます。

2020.03.16

OPIE’20 出展参加見合わせ(新型コロナ感染対策)

2020年OPIEレンズ設計製造展 出展参加についてご連絡申し上げます。
新型コロナウイルスによる影響を鑑み、2020年「出展参加を中止」と致しました。

<経緯>
10年以上、本展示会には出展参加して参りました。
お陰さまで、例年100-150名近いお客様とお会いしお取引の縁も多く得ました。
しかし、今年展示会出展する場合、
①濃厚接触に該当するリスクを、社員(及びその家族)・来場者に及ぼす
②他展示会の状況から、来場者自体限られる事が想定される
③仮に発病無い場合も、濃厚接触者生じた場合、少人数の弊社では影響大きい
上記のリスクと効果踏まえて決断を致しました。

開催まで約1ヶ月余りとなりますが、新型コロナウイルスの収束はまだ見えておりません。
社会の一員として、新型コロナウイルス感染の拡大を防止し、
社員のみならずご家族、関係する皆様の健康と安全を守るため決断を致しました。

会社業務は引き続き通常通り行うことで、過剰な萎縮ムードとならず、
感染拡大を抑えつつ社会活動を維持していく事が重要と考えました。

展示会でお取引先様やお客様とお会い出来ず残念で御座いますが、
又の機会に、皆様と笑顔でお会いできることを楽しみにしております。

<3/23追記>
主催者側より今回の展示会開催を断念する旨、連絡が参りました。
開催自体中止となりましたので、追記してご連絡申し上げます。

2020.02.18

新型コロナウイルス関連の影響について

新型コロナウイルスの影響は、中国を始め生産活動にも影響が心配されております。
当社は、ほぼ多くの資材を国内調達しておりますが、原材料などは中国を含むものもあると思われます。

2/18現在、球面レンズ・フィルター・ミラー基板などの生産には影響出ておりません。
上海経由で生産されている製品を確認しておりますが、2/12現在工場稼働しており納入問題無い見通しです。

一部お客様で、中国手配品を国内切り替えのご要望等頂いております。
件数としては少ないですが増えてきております。

フィルターやミラー関係ですと、最短納期1-2週間などのご対応も可能で御座いますので、
お困りの際はお声がけ頂ければ幸いです。

2020.02.17

2020年感染予防対策を実施、ご協力の御願い

インフルエンザに加え新コロナウイルスなどの感染予防の必要性が増しております。
弊社では従業員出入口では通年アルコール消毒剤を常備し、感染予防に努めております。

加えて、今年はお客様玄関口にも消毒キットを準備致しました。
社内入構時には、お客様や業者様に消毒実施のご協力を御願いしております。

小さい会社で御座いますが、社会の一員としてこの危機を乗り越えるべつ活動して参ります。

消毒のご協力をおねがいします

消毒のご協力をおねがいします

2020.01.31

心取り用ホルダー自動修正機 導入(ものづくり補助金採択)

心取り工程へ「ホルダー自動修正機」を導入いたしました
導入に際し、ものづくり補助金の採択を受けております

 装置名 :ホルダー自動修正機
 用 途 :心取り用レンズホルダーを、自動修正加工するNC加工装置
 メリット:手作業で行っていた工程を自動化し、かつNC装置で高精度加工可能

大正光学の心取り工程では、「ベルチャック方式」で加工を行っております。
ベルチャックでは、レンズホルダーと呼ばれる治工具でレンズを挟み加工します。
このレンズホルダーは、経時劣化するため都度修正を行う必要があり、加工品質を大きく左右します。

本装置の導入により、心取り加工の高精度化と省力化を進めて参ります。

ホルダー修正機

ホルダー修正機

2020.01.31

新測定機導入! 反射型偏心測定器

弊社、主要加工工程である「心取り加工」の保証体制拡大のため、下記測定装置を導入いたしました。

 装置名 :反射型偏心測定器
 特 徴 :反射偏心を自動測定する事が可能
 導入理由:偏心測定は、「透過偏心」と「反射偏心」での規格が主です。
      通常は透過偏心規格ですが、昨今、海外メーカーやプレスレンズメーカー中心に、
      「反射偏心」測定のご要望が増えております

プレスレンズメーカー様からのご依頼増えている中で、保証対応実現のため導入を致しました。
ガラスモールドレンズや非球面レンズ等で、反射偏心規格ご希望の際は、ぜひお問い合わせください。

反射型偏心測定器

反射型偏心測定器

2019.12.27

2019年年末ご挨拶

本年も大正光学をお引き立て頂きありがとうございました。

本年は、カメラ業界/半導体業界/産業機器業界と、全般的に低調な年で御座いました。
12月からは半導体業界も底打ち感が出てきており、実際にリピート依頼など動きも出てきております。
本日、27日は最終日の会社も多いと思いますが、お見積り依頼や注文書を頂いており、
少し来年に向けて明るい動きが出てきているように感じます。

来年も、心取りや蒸着加工などで新しい動きを増やして参ります。
皆様、よいお年をお迎えください。来年もよろしくお願い申し上げます。

2019.12.18

2019年度 年末年始休業のご案内

2018年年末年始の休業につきまして、下記の通りお知らせ申し上げます。

【年末年始休業期間】
  2019年12月28日午後 ~ 2020年1月5日
  最終荷物受入12/27 (以降のご発送時は、ご一報をお願い申し上げます)
 
【営業開始日】
  2020年1月6日(月)より通常営業

2019年は、光学業界全体として軟調に推移して参りました。
年末に入り、少し半導体関連の底打ち感の情報も出てきております。
2020年オリンピックイヤーは、お仕事盛り上がってくればと期待しております。

2019年中も大変お世話になりました。来年もよろしくお願い申し上げます。

2019.11.28

新ものづくり・新サービス展 出展案内

12月の展示会出展について、出展内容についてご紹介いたします

 ①防曇(親水膜)コートのデモンストレーション
 ②塩害防止サンプル展示
 ③光学フィルター LDポインタの光だけを消し去る、マジックのようなデモを行います

 展示会名 新ものづくり・新サービス展
 開催日 2019年12月4日から3日間
 開催地 東京ビックサイト 青梅展示棟Bホール

本展示会はものづくり補助事業を受けたメーカーの成果披露を行う展示会となります。
皆様の来場をお待ちしております。