お問い合わせは 0289-71-1335
メールでのお問い合わせ

偏心測定装置を更新しました

偏心測定装置を更新いたしました.
オプションとして「エア吸引」「モーター回転機構」を装備しております.

「エア吸引」
球面レンズを確実にホールド出来ます。測定誤差低減/傷発生の防止 等に役立ちます

「モーター回転機構」
偏心測定時の球面レンズ回転を安定して行えます。測定誤差低減等に役立ちます

弊社加工技術の中でも、球面レンズの心取加工は要の技術でありその加工評価は重要となります.
昨今の傾向として、S-FPL51等の難硝材、小径レンズ、外観スペックの高度化(MIL 20-10等)、
Z値小さい製品の偏心精度1分以下、外観20/10の高スペックに対応して参ります.

新測定装置の導入により、測定品質の安定と向上を図って参ります.

偏心測定装置(心取評価)

偏心測定装置を更新しました 心取の測定評価に使用します

偏心測定装置(心取評価)

測定テーブルです エア吸引と回転装置がオプション搭載されています