お問い合わせは 0289-71-1335
メールでのお問い合わせ

新着情報

2019.02.28

OPIE’19 レンズ設計製造展へ出展いたします

今年もレンズ設計製造展がパシフィコ横浜にて開催されます。
例年通り、出展致しますので多くのご来場をお待ちしております。

展示内容等については、改めてホームページ上にてご紹介して参ります。

【展示会名】OPIE’19 レンズ設計製造展 (レーザーEXPO 等併設)
【開催期間】 2019年4月24日~26日 まで
【弊社ブース】 M-7
【展示会HP】 https://www.opie.jp/

2018.12.18

2018年度 年末年始休業のご案内

2018年年末年始の休業につきまして、下記の通りお知らせ申し上げます。

【年末年始休業期間】
  2018年12月29日 ~ 2019年1月6日
  最終荷物受入12/27 (以降のご発送時は、ご一報をお願い申し上げます)
 
【営業開始日】
  2019年1月8日(月)より通常営業

2018年は新蒸着装置稼働致しました。
2019年は、高精度光学薄膜(光学フィルター/光学ミラー)に力を入れて参ります。

来年4月の展示会でも新技術のご紹介をしたく準備してまいります。
2018年中も大変お世話になりました。来年もよろしくお願い申し上げます。

2018.11.30

光とレーザーの科学技術フェア2018 展示会御礼

光とレーザーの科学技術フェア2018には、多くのご訪問を頂きありがとうございました。
お陰様で盛況のうちに、終えることができました。
本展示会は初めての出展でしたので、簡単ですが様子をご報告申し上げます。

・来客数は限られるものの、技術者や研究者の来場者が多い印象でした
購買担当者などは少なめでした。
国内メーカーがほぼすべてで、海外メーカーはあまり見られませんでした。

・昨今な流れで樹脂関係でコートのご相談を多く頂いております

今回の展示会を受け、新規蒸着装置導入を活用した製品紹介を進めて参ります。

2018-11展示会

2018-11展示会

2018.09.28

自動ブラスト装置導入!

この度、自動ブラスト装置を導入致しました。

今までも、治工具等に付着した蒸着物質を、手作業でブラスト装置で除去しておりました。
しかし、作業には粉塵等も多く作業環境があまりよくありません。
自動ブラスト装置を導入することで、作業環境改善・効率化につながります。

引き続き、作業環境等の改善を行ってまいります。

自動ブラスト装置

2018.09.28

光とレーザーの科学技術フェア2018 ブース決定

2018年11月13日より開催されます展示会の出展ブースが決定致しました。

 展示会名 光とレーザーの科学技術フェア2018
 開催日 2018年11月13日から3日間
 開催地 東京都 科学技術館
 出展ブース A-23(A棟)

受託真空蒸着加工を中心に、フィルターやミラーなどの展示を予定しております。
お客様には、改めて招待状をお送り申し上げます。

2018.08.31

8月受注状況について

8月は連休等もあり、短納期のご依頼を多く頂きました。
7月あたりで、レンズ加工の若干弱含みがございましたが
8月に入り盛り返してきているようです。

弊社も、9月予定が入り始めております。
半導体関連は引き続き繁忙が続いておりますので、早めの内示をお待ちしております。

2018.08.31

11月展示会のご案内

2018/11月に展示会出展をいたします。

 展示会名 光とレーザーの科学技術フェア2018
 開催日 2018年11月13日から3日間
 開催地 東京都 科学技術館

本展示会では、光学薄膜を中心にご紹介を差し上げてまいります。
出展内容決まりましたら、改めてご紹介申し上げます。

2018.07.31

ものづくり補助金採択

ものづくり補助金が採択されましたので、ご紹介を申し上げます。
弊社は、本年2月に経営革新計画を取得しました。
その流れの中、下記の設備導入に対して補助金の採択を受けました。

  • 自動ブラスト及び関連設備導入
    蒸着ドームは定期的にサンドブラストによる クリーニングを必要とします
    3K作業で作業者負担も大きいため、自動機導入により安全・効率化を図ります

引き続き、作業環境の改善や効率化を図ってまいります。

2018.07.31

2018年 夏期休業のお知らせ

2018年 夏期休業につきまして、下記の通りお知らせ申し上げます。

【夏期休業期間】
8月12日 ~ 8月16日
最終荷物受入8/10 (以降のご発送時は、ご一報をお願い申し上げます)

【営業開始日】
8月17日より通常営業

今年は、半導体及び液晶業界の繁忙で、FA用レンズ関係の動きが活発でございます。
低反射ARや外観高精度品など多くのご注文を頂いております。
小径レンズ(マイクロレンズ)なども引き続きお引き合いを頂いております。
昨年に引き続き、プレス成型レンズの広がりの中、心取加工や接合加工のお引き合いも増えております。

夏期休業明けも、引き続き頑張って参ります。何卒よろしくお願い申し上げます。

2018.06.30

心取加工について

大正光学は、「心取・成形」「蒸着加工」をメインとしております。
今回、心取についてご紹介したいと思います。

  • 心取(芯取)とは?
    目的:球面レンズの光軸中心を整えるための加工です
    方法:球面レンズの外周を砥石で削って加工しています
  • 大正光学の特徴
    特徴1:加工可能サイズが、大口径数百mm~小径φ1㎜まで幅広い
    特徴2:心取削り量が、0.5~数十mmまで対応可能
    特徴3:難硝材(FPL系)やコート済レンズを、加工できる

上記のと差別化を行い、今に至っております
お陰様で大手量産から試作まで幅広いお仕事をお手伝いさせていただいております